槍ヶ岳 中崎尾根から登って大喰岳西尾根を下る(北アルプス)

★山域:槍ヶ岳(北アルプス)

★日付:2017.03.19(日)~20(月)

★天気:3/19(日)曇り時々雪→雪、3/20(月)晴れ(強風→無風)

★山行形態:個人山行・雪山登山

★参加者:山宮(CL)、岩出(SL)

★コース:新穂高温泉→槍平小屋(冬季小屋泊)→(中崎尾根)→(西鎌尾根)→槍ヶ岳山荘→槍ヶ岳→槍ヶ岳山荘→飛騨乗越→(大喰岳西尾根)→宝の木→槍平小屋→新穂高温泉

★コース状況:新穂高温泉~槍平小屋は終始トレースあり。中崎尾根、西鎌尾根、大喰岳西尾根はトレースなし。槍穂先の鎖場の鎖は雪に埋まってました。槍穂先下部や大喰尾根ではアイゼンに雪団子ができやすく滑りやすくなるので注意が必要。ほとんどの谷にはデブリは無く、これから春に向けて雪崩れるものと思われます。

★感想(山宮):岩出くんが「雪のあるうちにふら~っと槍に登りたいです」と言っていた。その話に乗っかって槍平冬季小屋1泊2日の日程で一緒に行くことになった。槍平までのアプローチは長いし荷物も重いし疲れました。(当然、帰りも疲れました。)槍平までのアプローチ日に雪が降っていてましたが、アタック日の深夜小屋を出発するときには雪は止み月や星が見えていました。積雪は20cmぐらいあり千丈乗越までは基本膝下ラッセル、吹き溜まりのところは腰ラッセルでした。天気予報通りアタック日は風があり中崎尾根の途中で月や星は見えているのに雪が舞って視界が確保できず風を避けられるところでツエルトを被って様子見しました。風がおさまる気配はなかったので風の弱いところまで少し戻り雪洞掘って停滞し夜明けまで待ってみましたが体が冷えてきて風も相変わらずの状態だったので撤退することを決め下山開始しました。しばらく歩いると風は弱くなってきました。諸条件を確認して岩出くんと相談して再アタックすることにしました。その後は順調に仙丈乗越、槍ヶ岳山荘と歩を進め無事に槍ヶ岳に登頂しました。下山は大喰岳西尾根から宝の木まで下りて槍平へ行き、小屋にデポしておいた荷物を回収し新穂高温泉へ下山しました。岩出くん、01:30~21:00までの長い行動時間お疲れさまでした。また何処か一緒に行きましょう。

★山行の詳細はヤマレコにアップしてあります。

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1090235.html

3/19、ようやく槍平へ到着
槍平冬季小屋に泊まる
3/20、暗いうちから中崎尾根を歩いてきたが風が強く停滞
停滞中は半雪洞を掘って強風をしのいだ
夜が明けても風は強く残念ながらここで撤退することにした(無念の表情)
下山開始してしばらくすると天気予報通り風が収まったので再アタック決定!
中崎尾根から見た飛騨沢
この岩峰は直登せず右から巻いて千丈乗越へ
予定より4時間44分遅れの9時44分に千丈乗越に到着
雪の中(写真手前の穴)から雷鳥が飛び出してきてビックリ!!
岩出くんガンバレ
あと少し
槍の穂先
槍ヶ岳山頂に到着
穂先を登る
山頂まであと少し
岩出くん、やったね!
セルフで撮った記念撮影はピンボケ
下山は大喰岳西尾根から
槍を見て休憩中の岩出(大喰岳にて)
大喰岳西尾根を下ります
大喰岳西尾根を下ってくる岩出
宝の木
下山完了、すっかり暗くなった

投稿者: 新潟クライミングクラブ

新潟クライミングクラブは新潟市にある山岳会です。「角田山からヒマラヤまで!!」を合言葉にアルパインクライミングを中心に活動しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。